このケースの場合、基本的には在宅で仕事ができるものの企業の考え方によっては出社が義務となるケースもあります。