メディア事業部門に配属される

今までwebライターとして働くことは考えていなかったのに、いつの間にかwebライターとして働かなければならなくなるケースもあるでしょう。