出版社や広告代理店などで働いていて、異動によってメディア事業部門に配属されたことがきっかけでwebライターとしてのキャリアをスタートさせることもあります。