たとえばブログで小説を継続的に更新していれば、企業から雑誌で編集しないかと誘われたり漫画化の依頼を受けたりすることもあるでしょう。