webライターだけで食べていくことはできなくても、副業として挑戦する人も多いでしょう。

興味がある人は、色々な案件に目を通して自分でもチャレンジできそうなwebライターを目指してみても良いのではないでしょうか。