場合によっては一日数時間のアルバイトをした方が給料が良い場合もあることは覚えておきましょう。

仕事量は不安定

副業として本業と同じくらいの収入が得られるようになると、会社を辞めてフリーランスのwebライターとして活動していこうと考える人もいるでしょう。