書き出す

目標を設定するといっても、頭の中で漠然と考えているだけの状態はおすすめできません。

どんなに頭の良い人でも頭の中で考えているだけでは漏れてしまうこともありますし、目標達成が難しくなった時に自分に甘くなってしまい目標を曖昧にしてしまうこともあります。

目標を設定した後は、しっかり書き出すようにしましょう。

トイレの壁など日常的に目に入る場所に貼っておくのも良いですし、スマホのロック画面やPCのデスクトップ画面などに設定するのもおすすめです。

手帳を持ち歩いている人であれば、目標を書いた紙を手帳に挟んで自分が誘惑に負けそうになった時にいつでも見られるような準備をしておくのも良いでしょう。

書き出すことで目標が明確になるだけではなく、後から変更することなどもできなくなるので、目標を設定した場合は具体的なタスクや期限も含めてしっかり書き出しておきましょう。

情報収集を欠かさない

今を生きるためには損をしては意味がありません。

今を全力で生きるということは、回り道もせずに自分のできることに全力で取り組むことになります。

そのため、自分が注意していれば避けられるような間違った道に進んでしまい時間をロスすることを避けるためにも、常に情報収集を意識しましょう。

自分の目標を達成するための情報収集はもちろん、健康を維持するための情報収集や将来の資金繰りのための情報収集などジャンルは多岐にわたります。

常に最新の情報を手に入れるだけではなく、困った時に相談できる信頼できる専門家とのコネクションを作っておくのも良いのではないでしょうか。

フットワークを軽くする

何かチャンスがあった時にすぐに掴めるように、普段からフットワークを軽くしておくことも今を生きる上では重要です。

また、どこにチャンスをあるかを知る上でもフットワークの軽さは重要でしょう。

フットワークが軽い人は色々なチャンスを掴みやすいだけではなく、困った時に助けてくれるような味方を作りやすいというメリットもあります。

さらに、今まで出会ったことのない人と出会うことで知らなかった価値観を知り、さらに今を生きる上で重要な情報も入手できるかもしれません。

今を生きるというと自分のことだけ考えてしまいがちですが、今を楽しく過ごすためには多くの人との関わりが必要なケースも少なくはないのです。

辛いなら相談

「今を生きる」という言葉の中には「今を楽しく生きる」という意味も含まれています。

そのため、まれに「今を生きる」ことを意識しすぎて辛いことがあった時に周りに弱音を吐けなくなってしまう人がいます。

本当に充実した日々を過ごす場合、楽しいことばかりではないでしょう。

努力が辛くなることもあれば、努力しても叶わないことも少なくはありません。

そうした時、弱みを見せることを怖がったり一人だけで抱え込んだりしないで、辛い時は素直に相談するような余裕を持っておくことも今を生きる上では非常に重要です。

趣味をつくる

趣味
「今を生きる」ことを考えた時、「家族を幸せにする」や「仕事で誰よりも早く出世する」や「年収1億円を目指す」など自分自身の努力が非常に重要な目標を設定する人もいるでしょう。

もちろん、そのように努力を自分に義務とするのも充実した今を生きるためには重要です。

しかし、どんなにすごい人であっても努力だけを続けることはできません。

努力ばかりを続けていれば、幸せに今を生きるための努力も苦痛でしかなくなるでしょう。

そうなってしまうと、なんのために努力しているのか分からなくなってしまい今を生きることができなくなってしまいます。

そうならないためにも、趣味を作りましょう。

疲れた時に気分転換できるような趣味を持つことも今を生きる上では大切なポイントです。

積極性を高める

充実した生活をするためには、受動的に周りの人の優しさを期待しているだけではいけません。

単に待っているだけでキラキラと輝く人生を送れることはないでしょう。

自分の人生を充実させることができるのは自分だけですし、自分がどうすれば本心から満足できるかを知っているのも自分だけです。

すなわち、今を生きて充実した日々を掴みとるためには、自分から積極的に動かなければなりません。

知らない場所でも必要があれば軽いフットワークで飛び込む勇気が必要になることもありますし、知らない人でも場合によっては助けを求める必要があることもあるでしょう。

積極的に動かなければ、毎日を充実させることは難しくなってしまいます。

引っ込み思案な人は、周りに流されてしまうことも多いので本当の意味で「今を生きる」ことは難しくなってしまいます。

時には自分の意見をしっかり表明し、自分の幸せを積極的に掴めるように動いてみるのも良いのではないでしょうか。

笑顔で過ごす

笑顔
どんなに「今を生きる」ことを意識している場合でも、辛いことがあった時には弱音を吐くのも決して悪いことではありません。

フットワークが軽くポジティブ思考で積極的な性格をしている人でも、時には泣きたくなることもあるでしょう。

しかし、そうした落ち込むことがあった時に、いつまでも落ち込んでいたら過去に囚われてしまいます。

今を生きるためには現在と未来を大切にしなければならないので、いつまでも過去に囚われてはいけません。

そのためにも、笑顔で過ごすことを意識してみましょう。

内心落ち込んでいても、表情を明るくすれば気分まで明るくなることもあります。

もちろんどうしても落ち込んでいる時に無理に笑顔を作る必要はありませんが、ちょっとした落ち込みや不機嫌は笑顔で吹き飛ばすような強い気持ちが必要になることもあります。