倦怠期っての写真
恋人になった当初は、会うだけでドキドキしていたのに…ときめきがなくなることもありますよね。

ラブラブなカップルにも訪れる可能性がある「倦怠期」はカップルにとって最大の試練です。

今は「私たちには関係ない」と思っている人たちでも、倦怠期に陥る可能性があります。

いつまでも仲のいいカップルになるためにも、倦怠期の時期や乗り越え方を先に学びましょう。

今回は付き合ったら陥りやすい倦怠期の時期や乗り越え方について詳しく紹介していきます。

倦怠期とは?

倦怠期とは「飽き」や「慣れ」によって恋人に対する愛情が減少してしまう時期のことを指します。

付き合いはじめた当初は何もかもが新鮮なため、どんな些細なことでも心を躍らせていました。

しかし、恋人と過ごす時間が長くなれば新鮮味がなくなり、恋愛に刺激がなくなっていきます。

倦怠期は恋人同士だけでなく、結婚した夫婦関係のなかでも起こり得ます。

夫婦の場合は恋人同士よりも多くの時間を共有しているため、早い段階で飽きがきてしまいます。

しかし、必ずしも相手に愛情がなくなるというわけではありません。

新鮮味がなくなってしまうだけで、恋人に対する愛情がなくなるとは限らないのです。

ただし、倦怠期は放置し過ぎると問題が膨れ上がってしまう危険性があります。

倦怠期に入った際は放置せず、適切なてこ入れをするように心がけましょう。

倦怠期になるカップルは多い?

倦怠期になるカップルは珍しくありません。

どんなにラブラブなカップルでも倦怠期に入ってしまう可能性と常に隣り合わせです。

倦怠期の主な原因は「飽き」と「慣れ」です。

どんなに素敵なパートナーでも一緒にいる時間が長くなればなるほど飽きや慣れが生じます。

そのため、どんなにラブラブなカップルでも多くの人たちが倦怠期を経験しています。

大好物の食べ物でもずっと同じものばかりを食べ続けるのは難しいですよね。

それと同じように相手を愛していても時間とともに飽きや慣れを感じるようになるのです。

倦怠期を乗り越えるためには、飽きない工夫や慣れない工夫をすることが大切です。

同じ食材でも調理方法や味付けを工夫すれば飽きずに食べることができますよね。

お互いの愛情の量を保つためには、いつもと違う工夫や刺激を与えることがとても重要です。