考慮できる広い心を持つための方法28選!よく考えて行動できるいい女になろうについて
考慮して行動ができる女性に憧れませんか?よく考えて行動できる女性はいい女そのもの。

男性からモテることはもちろん、同性である女性からも人気があります。

今回は、そんな考慮ができる女性になるための方法28選について詳しく解説をしていきます。

男性からも女性からもモテたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

考慮とは?

「あらゆることを考慮して行動できる女はいい女」なんていいますが、そもそも「考慮」ってなんなのかよく分からない女性も多いはず。

ただ、単純に考えて行動することが考慮なのか、誰かのために何かをしてあげることが考慮なのか。

ここからは「考慮」という言葉の意味や類義語、使い方について紹介していきます。

考慮ができるいい女になるためにも、まずは「考慮」について理解を深めていってくださいね。

意味

考慮とは、判断や行動をする前に「結果がどうなるのか」など、いろいろな要素を考えあわせることをいいます。

たとえば、友達から恋愛相談を持ち掛けられたとき「何とアドバイスをしてあげるといいのか」いろいろなことを考えるでしょう。

「思い切って告白しちゃいなよ!」と言うのか「他にいい人がいるんじゃないの?」と言うべきなのか。

友達の言ってほしい言葉をかけるのか、予想外のアドバイスで背中を押してあげるのか、このときあなたの中でいろいろな要素を考えあわせることになるでしょう。

ただ、単純に「これはこれ」と答えを導き出すのではなく、いろいろな要素を考えあわせて答えを導き出すことを「考慮」というのです。

使い方

ここで、考慮を使った例文を紹介していきます。

「いろいろな条件を考慮した結果、彼女をリーダーに推薦します」「同僚の予定を考慮して、忘年会の日程を決めました」このように考慮を使ったものは、基本的に自分が主体になっているのが特徴です。

ですが、後者の例文のような「同僚の~」のような場合には「相手を考慮して」つまり、相手が主体のものになります。

なんだか複雑な感じがする「考慮」という言葉ですが、前後の文脈さえきちんと把握しておけば誰が主体になっているのか、簡単に見分けることができるでしょう。

類語

自分や相手を主体として、いろいろな要素を考えあわせる「考慮」という言葉の類義語には「配慮」という言葉があるのです。

この「配慮」には、自分以外の誰かや他のことに対して心を配ること、気を遣うことという意味があります。

どちらも、何か行動を起こす前に自分の中で答えを導き出すという特徴がありますよね。

ただ「配慮」の場合は、かならず相手主体になることがポイント。

「考慮」の場合、前後の文脈によって自分や相手が主体になることがありますが「配慮」の場合は自分主体になることはありません。

つまり、相手のためだけに考えて行動することが「配慮」になるのです。

考慮するメリット

「考慮」についてお話してきましたが、理解を深めていただけたでしょうか?ここからは、考慮することでどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

自分や相手のことを考慮して、判断や行動するのって簡単なことでありません。

だからこそ、考慮できるようになれば、たくさんのメリットが得られるのだとか。

詳しく見ていきましょう。

好印象

考慮して行動できるようになると、周りからの好印象をゲットすることができます。

というのも、いろいろな要素を考えあわせて答えを導き出すため、相手にも努力が伝わるのだとか。

たとえば「後輩のことを考慮して新しい企画を立ち上げました」というのは、後輩のことを主体として、物事を進めたことになるので、後輩からすると「先輩はよく考えてくれているんだな」と感心します。

他にも、同僚や上司からも「その発想はすばらしいな」と褒められ、どんどん印象が良くなっていくのです。

つまり、考慮とは思いやりがあるからこそできることなので、好印象を持ってもらえるといえます。

モテる

考慮して行動できるようになると、男性からはもちろん、同性である女性からもモテるといったメリットがあります。

というのも「これをこうするとどんな結果が出るのか」ということを見据えて、考えあわせた結果は大体いい方向に転がります。

たとえば、気になる男性と食事に行ったとして「私もお金出しますよ」と声をかけるのは、社交辞令ではあったとしても男性は「こちらのことを考慮してくれているんだな」と嬉しくなるでしょう。

考慮とは相手を気遣う気持ちがないとできないことなので、それが相手に伝わることで、自然と「あなたのことが好き」と思ってもらいやすくなるのです。

成長できる

考慮して行動できるようになると、将来を見据えて答えを導き出すため成長できるといったメリットがあります。

なにも考えずに見切り発車してしまうと、うまくいかなかったときに後悔してしまいますよね。

ただ、いろいろな要素を考えあわせて、最善の策を練り上げたとき、たとえ思った通りの結果が出なくても「頑張って考えたからいいや」とか「次はここを改善してみよう」とポジティブに考えることができます。

成長するにおいて、ポジティブな考えを持っていることは非常に大切です。

自分のためや、相手のためであっても考慮して行動することで、かならず成長していけるのです。