集中力を持続させる方法6個!仕事をテキパキこなして恋愛を楽しもう!プライベートを充実させちゃおうについて
集中したいと思っても、なかなか集中力を持続させることができないという人もいるのではないでしょうか。

学生時代からしっかり試験勉強しようと思っても、ついつい部屋の掃除などを始めてしまって勉強できなかったり、毎日継続して運動してダイエットをしたいと思っても三日坊主になってしまうという人もいるでしょう。

集中力がない人でも、細切れに作業することで最低限のタスクを完了させることも不可能ではありません。

しかし、どうしても集中力がある人に比べて時間もかかってしまいますし、クオリティが低くなってしまうケースが多いでしょう。

集中力を持続させる方法を知りたい人は、ここで紹介する方法や集中力が続かない原因を読んで集中力のなさを改善してみてください。

集中力とは?

「集中力」とは、実は名詞の「一か所に集まる」という意味を持つ「集中」に接尾辞の「力」がついた言葉です。

しかし「一か所に集まる力」と説明されても、いまいちピンと来ないという人も多いのではないでしょうか。

辞書的な意味で理解しづらい場合は、普段使われている場面を思い出してしっかり意味を理解しましょう。

「目標を達成するために集中力が必須だ」や「集中力を発揮して成功した」のような使い方をする場合が多いのではないでしょうか。

そこから意味を理解しようとすると「一つのことをしっかりやる力」だと考えることができます。

つまり元々の「集中」の意味である「一か所に集まる」という意味を踏まえて考えると「集中力」という言葉の意味は「自分の能力の全てを一つの物事に集めて、行動する力」だと解釈することができるでしょう。

集中力を持続させたい

たとえば一つの簡単な仕事を行う時、集中力がある人であればすぐに取り組んで一時間以内に作業を完了させることができるでしょう。

しかし、集中力のない人は作業の途中で何度も休憩や雑談、違う仕事を挟んでしまうことがあります。

また、作業を再開した後も以前の作業の進捗具合を忘れてしまい、確認してから作業を再開する羽目になるのでさらに時間がかかります。

その結果、集中力のある人であれば一時間以内に終わらせることができる簡単な作業に対して、集中力のない人は半日以上の時間をかけてしまうことがあります。

簡単な作業を比較してもそうなってしまうので、難しい作業になってしまうと一週間単位で差がついてしまうということも珍しくはありません。

多くの社会人が期日内に最高のクオリティの仕事を提出することを求められている中で、この集中力のなさは致命的な欠点になりかねません。

同期より早く出世したいと思っている人も、集中力のなさが原因で遅れを取ってしまうこともあるでしょう。

集中力がないよりは集中力がある方が、色々な面で有利に働くのは当然のことです。

集中力を持続させる方法6個

しかし「集中力のある人の方が色々な面で有利」ということを頭では分かっていても、なかなか集中力を持続させるのは簡単なことではありません。

集中力がないと言われがちな人の中には「簡単に集中力を持続させることができれば、誰でもすぐにやっている」と考える人も多いでしょう。

では、実際に集中力がある人はどうやって集中力を持続させているのでしょうか。

ここでは、集中力を持続させるために必要な誰でもできる方法を6個紹介していきます。

集中力がほしいのに持続させることができないという人は、もしかしたらこの方法ができていないだけかもしれません。

集中力が続かないという人は、自分がこの方法をできているのか今一度セルフチェックしてみてください。

深呼吸

集中したい時、あなたは大きな深呼吸をしたことがあるでしょうか。

実は集中力がない人ほど「今は集中しなければならない」と肩に力が入ってしまい、深呼吸を忘れてしまいがちです。

深呼吸しない状態というのは、身体が常に緊張状態になってしまっているので心身ともに疲れてしまいます。

疲れてしまっている状態では、残念ながらどんなに潜在能力の高い人であっても集中力を発揮することは困難です。

元から集中するのが苦手な人ほど、そのような疲れた状態で集中力を破棄するのは不可能だと言っても良いでしょう。

集中したい場面では、一度作業ばかりに気を取られずに呼吸を意識してみましょう。

耳栓

耳栓
「雑音があった方が集中が捗る」と考えてカフェなどで勉強をしている人をよく見かけます。

しかし、実は雑音がある状態の方が集中できるというのは勘違いです。

実は、人間は雑音のある状態では集中しているつもりでも普段の集中力の70%しか発揮できないと言われています。

元から集中するのが得意な人であっても70%の集中力になってしまうことを考えると、なおさら普段から集中するのが苦手な人にとっては雑音の中で集中するのは難しくなってしまうでしょう。

音楽を聴いている状態で勉強をしても頭に入らないのと同じように、人の声や歌詞のないBGMなども集中を邪魔する要因になってしまいかねません。

もし雑音が気になって集中できないという人は、耳栓を利用して集中力を保ってみましょう。

周りの音をシャットダウンすることができれば、今までより楽に集中できるかもしれません。

周りの人とコミュニケーションを取るのが必須ではない環境であるならば、耳栓を有効活用して集中力を発揮してみてください。

声に出す

人間は、一つの動作だけを継続してやるのは苦手だと言われています。

たとえば暗記をしたい時や難しい問題に取り組みたい時、黙って書類とにらめっこをしていても、すぐに頭が違うことを考えて集中が途切れてしまいます。

たまには声に出して自分の気持ちをリフレッシュさせるのがおすすめです。

黙って読んでいるだけでは理解できない難しい文章も、自分で口を動かして声に出し、自分の耳でその声を聞くことで簡単に理解できるようになる可能性もあります。