結婚とは?してみて気づく18個のメリット・デメリットのイメージ写真

結婚は女性にとっても男性にとっても人生の中で一大イベント。

でも「結婚」とは一体どういうものなのでしょうか?

この記事では、結婚のメリット・デメリットや、お互いにとってどういった責任があるのかなどを紹介していきます。

女性と男性では、結婚に対する考えが違う場合もあります。

女性にも男性の考えを知っておいて欲しいので、この記事では男女別の考え方の違いも解説しています。

これから結婚を考えたい人の不安を解消できるように、丁寧に書いていきますので、最後までお読みいただけると幸いです。

なんとなく「結婚っていいな!」と憧れを抱いている人にとっても参考になるかと思います。

結婚とは?人生での大きなステージ変化

結婚のメリット・デメリットを紹介する前に、一つだけ結婚について知っておくべきことがあります。

それは、結婚とは「両家の家族を含めたお付き合い」をするということです。

もちろん二人にとっても結婚は一大イベントですが、結婚となると二人の両親やその他家族も含めた関係づくりが大事になるのです。

それまでは二人が良ければお付き合いを出来ていましたが、結婚後はそうはいきません。

これを聞いて、大変だと思いましたか?

結婚には、家族同士のお付き合いが必要になるという事以外にも、「両家の家族への挨拶」「結婚式」「新居への引越し」「行政などの書類手続き」など、様々なやるべき事が発生します。

もちろん大変なことも多い一方、結婚には良い面も多くあります。

それを実感して貰うために、結婚のメリット・デメリットを18個に細かくまとめました。

結婚で得られるメリットとは?

先程紹介したように、手続きや挨拶など色々とやるべきことが多いのが結婚ですが、どんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは結婚した二人にとってのメリットを挙げて行きます。

1. 家族が増える

結婚とは家族になることです。

結婚相手がパートナーとして家族になり、また相手の両親や兄弟、親戚など、家族が一気に増えます。

独身時代に一人暮らしをしている方は、家族が増えることをより実感しやすいかもしれません。

食事を一緒にすることで「美味しい」気持ちを共有できますし、何気ない生活の中での楽しいことなども共有できます。

また風邪などを引いて辛い時も相手がいることは心強いですね。

家族との同居の場合は、家族の一員として参加することになります。

色々な出来事を共有できるのは家族の醍醐味です。

2. 楽しいことは二人分、悲しいことは半分

前にも述べた通り、家族になれば色々なことを共有することになります。

お互いの誕生日をお祝いしたり、外で行われるイベントに一緒に参加して楽しんだりと、楽しむことはもちろんですが、仕事で少し大変な時や体調が悪い時などもパートナーに支えてもらうこともあるかもしれません。

よく結婚式の時に使われる「楽しいことは二人分、悲しいことは半分」という言葉にもある通り、お互いの気持ちを共有できます。

一緒にいて密にコミュニケーションを取れば、より絆も強いものになりそうです。

3. 自分の子供が出来る

結婚したら大切なパートナーとの子供を持つこともできます。

大好きなパートナーと自分の子供を産んで、一緒に子育てをして、子供の成長を見守ることができます。

子育ては楽しいことばかりではありませんが、子育ての大変な時も二人で一緒に乗り越えることで二人の絆も深まるはず。

そして大切な家族が増えることは、男性にとって仕事のモチベーションが上がることにもつながりますし、帰宅して可愛い子供に「おかえり」と言ってもらえるのは幸せを感じる瞬間ですね。

現実的に考えると男女間のメリットは異なる

結婚についての一般的なメリットを紹介しましたが、実は男女でメリットは異なります。

女性ならではのメリットと、男性ならではのメリットをそれぞれ個別に紹介します。

女性にとっての結婚のメリット

女性にとっての結婚のメリットは、金銭面を思い浮かべる人も多いと思いますが、それ以外にもいくつもあります。

4. 家族が増えて心強い

結婚は大切なパートナーとその家族が、自分の家族となります。

独身時代に一人暮らしだった人は実感しやすいと思いますが、やはり同じ屋根の下に男性がいると何かと心強いですよね。

日常のふとした時はもちろん、風邪をひいてしまった時に看病してもらったり、重い荷物を運ぶ時、機械が壊れてしまったりした時など男性が側にいてくれることで助けられる瞬間が多々あるはずです。

また帰ってきて一緒に食事をすることができたり、何気ないお休みの日も一緒に過ごすことで楽しい一日を過ごすことができます。

5. 行政サービスが受けられる

実は結婚することで受けられる行政サービスが地域によっては用意されています。

幾つかの条件がありますが、結婚祝い金を用意している自治体の一部のサービスをご紹介します。

なかには、結婚祝い金ではなく住居費や引越し費用の一部負担をしてくれる自治体も。

※いわき市では結婚すると記念樹(つつじ、くろまつ、梅、なんてん、はなみずき、キンモクセイの中から1つ)を受け取ることができるサービスもあります。

お住まいの地域によって様々なサービスが受けられますので(都会よりも地方のほうがより手厚いサービスがあるところが多いようです)、結婚が決まったら一度お住まいの地域でどんな行政サービスが受けられるかHPで確認することをオススメします。

6. 生活費のまとめが出来る

結婚をするとパートナーと生活費を一緒にすることができるのもメリットの一つです。

家賃はもちろん、光熱費や食費などをまとめることで、支出を抑えることができますね。

また生命保険や自動車保険の見直しや、携帯電話の家族サービスを利用の検討なども節約の一つになります。

浮いた分を貯蓄に回したり、どこか旅行に出かけたり、生活に少しゆとりを持つことができますよ。

男性にとっての結婚のメリット

男性にとって結婚のメリットはやはり家族が増えることで、精神的な安心・支えができることではないでしょうか?

仕事で疲れて帰っても家でパートナーに会えることはもちろん、社会的にも信頼度が増すとも言われており、職場や取引先に安心感を持ってもらうことができるようです。

いくつか具体的なメリットを見ていきましょう。

7. 好きな人と一緒にいられる

社会人になると、一日の大半を職場で過ごす時間が多くなります。

そのため、恋人と会う時間をわざわざ作らなければならないですが、結婚して同居すれば家に帰ればいつでもパートナーに会えます。

一緒に晩御飯を食べる、テレビを見る、また別々のことをしていても同じ空間にいることができるので、家に帰るのが楽しみになりますね。

また家で奥さんが自炊してくれる機会も増えますので、健康面でもメリットがありますし、独身時代は会うために作っていた時間を、自宅でゆっくり過ごすこともできるので、時間にゆとりができるようになるはずです。

8. 世間からの印象が変わる

女性よりも男性の方が結婚することで、社会的に信頼されることが多いのも事実です。

理由として一人の女性が絶対的に信頼できる相手として、その男性を選んだという事実が挙げられます。

結婚は人生において一大イベントで、相手への信頼が根底になければ難しいもの。

人間性や金銭面、精神面など様々な面での信頼があるからこそできるのが結婚です。

また男性側としても相手を幸せにするという覚悟のもと結婚をするので、責任感があるということでも評価されるのかもしれません。

また職場によっては結婚している男性の方が出世する傾向にあるところもあるようです。

結婚することで信頼性が増すことだけでなく、管理職になった際に、結婚していれば既婚の部下の気持ちも理解しやすい、などの理由も挙げられるかもしれません。

9. 世帯として収入アップ

どちらかの収入が年間150万円以下で青色申告専従者でない場合、配偶者控除を受けることができます。

配偶者控除とは所得150万円以下の配偶者を養っている場合、家計を支える者の所得税負担が軽くなる制度です。

また配偶者控除を受けられない人でも、納税者本人の合計所得額が1,000万円以下で、配偶者が青色申告専従者でなく、合計所得金額が150万円未満であれば配偶者特別控除として同じように相手の所得税負担が軽くなります。

また女性のメリットとしてもあげましたが、女性も働いていれば、生活費をまとめることができる分、お金にゆとりもできるようになります。

※控除の金額については、年によって制度改正があるので、念の為に再度確認をお願いします!

結婚することの一般的なデメリットとは?

ここまではメリットを挙げさせていただきましたが、メリットにはデメリットもつきもの。

結婚することで考えられるデメリットの方も見てみましょう。

1. お金が自由に使えない

世帯が一つになるということは、独身時代のように自由にお金を使えなくなることがあります。

例えば、住宅購入費や子供の教育資金などお金を貯めなければならないシーンも出てきます。

またお付き合いも増えれば当然関連した支出も増えることになります。

家計を二人分の収入をまとめておこづかい制にするか、それぞれ生活に必要な金額を出し合い、残りは各自管理にするかによっても自由度が変わってきます。

どちらにするにしても、生活を始める前に二人でしっかり話し合い、お互いが納得いく形で進めなければストレスが溜まってしまいますし、好き勝手使っていたら肝心な時にお金がなかったなんてことがあればシャレになりません。

しっかり話し合って落とし所をしっかり見つけましょう。

2. 親戚付き合いで忙しい

上記にも挙げましたが、結婚すれば二人のそれぞれの家族や親族とのお付き合いが始まります。

お正月の挨拶や親族の冠婚葬祭など色々と行事も増えるので、今まで好きに過ごしていた休日もお付き合いで予定が埋まってしまうことも。

女性は親族の集まりなどで家事のお手伝いをしなければいけない場面も増えそうですし、男性はお付き合いで気を遣ってお酒を一緒に飲まなければならないといったことも増えてしまいます。

気の合う親戚ですと良いのですが、あまり気が合わないと少し憂鬱になってしまいそうですね。

3. 自由な時間が少なくなる

お金と一緒で、やはり自由な時間を持つことが難しくなることもあります。

親戚付き合いが増えることで時間が取れなくなることもありますが、特に子供ができれば一気に自由な時間は少なくなってしまいます。

これまでは自由に行っていた飲み会や旅行なども簡単にいけなくなることも考えられますし、休日はゆっくり過ごしたくても、子供の世話やお出かけで、ヘトヘトになってしまうこともあります。

独身時代、休みの日は基本的に自分の好きなことができた時に比べると、家族がいる分、時間に制約は出てしまいます。

子供の面倒を交互で見るなどして、たまには一人でお互いがリフレッシュできる時間を取ってみるのもいいかもしれません。

4. 子供はまだかと急かされる

これは親族や両親からプレッシャーをかけられることは多いのですが、結婚してしばらくすると周りの親族から「子供はまだか?」と急かされることがあります。

昨今では、晩婚化が進んだり、子供を授からない人の間では不妊治療も一般的になりつつありますが、こういったプレッシャーは時として、当事者たちが傷付けられることもしばしば。

特に年上の親戚には「結婚=出産」と思っている方もまだまだ多く、不妊の方も少ないためか、結婚期間が経ってくるほど、何気ないところで「子供はまだか?」と急かされることも多いのが現実。

男性にとっての結婚のデメリット

メリット面と同様、結婚のデメリット面でも男女別に内容が違ってきます。

まずは男性側の結婚のデメリットを見ていきたいと思います。

5. 価値観の違いが分かる

生活を一緒にしていくことで、生まれ育った環境の違いや性格の違いなど価値観の違いが浮き彫りになることがあります。

トイレのふたを閉めない、電気をつけっぱなしにする、などそんな小さなことでも、相手の習慣によっては気になってしまうこともあるでしょう。