結婚できない理由の写真

「今年も結婚できなかったな…」と毎年毎年、一年を振り返っている女性はいませんか?

「来年こそ結婚を!」と考えていても、結婚に向けた自分なりの努力を精一杯してきて、これ以上どうしたらいいのだろうと悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

そういった女性のために、結婚できない本当の理由と、婚活の正しい方法をご紹介していこうと思います。

やみくもに間違った婚活を続けていても、あなたの心が疲れるばかりか運命の相手との出会いは遅れてしまうばかりです。

また、自分にばかり目を向けていれば、本当の結婚できない理由を見逃し、間違った婚活を続ける結果となってしまいます。

結婚できないのは、自分自身にも原因があるのですが、出会う男性や関係を進める男性の選び方が間違っている場合もあり、やみくもな自分磨きではどうしようも出来ない場合があるのですよ。

結婚できない理由ってなに?

最初にお伝えしたように、「結婚できない理由」は自分以外にも存在します。

当然、結婚できない理由は自分自身にもあるのですが。

どちらも気付かないでいると、婚期を逃し年齢を重ねてしまう結果となります。

婚活や結婚の話はデリケートなもので、友人と気軽に話せなかったり、両親と本音で話せない場合が多々ありますね。

そうなると、自分自身だけで婚活を進めることとなってしまい、自分の間違いや、婚活の間違いに気付けなくなってしまいます。

また、ネットの誤った情報を鵜呑みにしてしまい、これも間違った婚活となり、結婚から遠ざかっていくことになってしまうでしょう。

まず、結婚できない理由が自分自身にある場合をお話していきましょう。

【理由①】気付かないうちに理想が高くなっている

自分の理想が高すぎると思ったことはありますか?

女性達の中には、アイドルを追いかけたり、俳優さんを追いかけたりする人たちがいますね。

楽しみの一つとしては良いのですが、そういった綺麗な男性たちを見過ぎると、自分の男性基準がどんどん上がっていくことがあります。

また、ドラマや漫画を見続けることも、自分の男性基準を引き上げることとなってしまうのです。

ドラマや漫画の世界では、素敵な男性が女性の望む言葉や仕草をしてくれることはもちろん、ピンチのタイミングで助けに来てくれますから、女性は胸キュンせずにはいられませんし、そういった男性がいい!と思ってしまうのも無理はありません。

逆に、そういった男性を求めるなら、ドラマや漫画のヒロインぐらいのスペックを男性が求めていたらと考えてみませんか?

「そんな女性いない」と女性達は口をそろえて男性たちをとがめるのではないでしょうか。

これは極端な例になりますが、傍から見ると、このようにツッコミを入れたくなるほど、理想が高くなり過ぎた女性がいるのです。

そして、それに本人たちが気付いていないのです。

つまり、自分の男性基準が一般的だと思っていて、さらにそんな男性と出会えると本気で思っているのです。

結婚相手や恋人の理想は大切なのですが、あまりに現実とかけ離れた存在を追いかけていると、結婚できない理由になっていくでしょう。

求める「ステータス」に対する理想の高さの問題

男性のステータスを気にする女性は未だに多く居るかもしれませんね。

男性のステータスというのは、医者や警察官、公務員といった職業や家柄なども含まれます。

家柄が良い人を求めたり、シングルマザーやシングルファザーの家庭を敬遠するのも男性のステータスを気にしている証拠です。

また、次男が良いと言ったり、一人っ子は嫌ということも男性のステータスを気にしていることになります。

同居や、介護のわずらわしさを感じ、そのように考えている女性は多いのではないでしょうか。

このように何気なくしてしまう制限によって、結婚から遠ざかる女性は少なくありません。

求める「外見」に対する理想の高さの問題

女性にも当然好みがありますが、外見に拘り過ぎるのは結婚を遠ざける原因になります。

身長が高い人が良いといっても、180㎝以上の日本人の人口は約7%しかいないという統計もあります。

この7%のうち、何人が未婚なのかと考えると、ほぼ難しいという結論になりますよね。

また、ジャニーズのような男性アイドルの人たちのように、年齢を重ねても男性が綺麗で居ることは現実的にとても難しいことです。

外見を整え続けるにはお金も時間もかかりますから、仕事を頑張ってそういった美容に力を入れられない男性も対象外となってしまいます。

安定した生活も望みながら、男性の外見も気にするとなると、いったいどれだけの該当者が現れるでしょうか。

もちろん、一般男性の中にも綺麗な顔や、抜群のスタイルを持った男性も居るのですが、それもまた数は多くないです。

それに、そういった男性を求めるのなら、自分も同じような外見の良さを永遠に求められます。

外見ばかりにこだわるというのは、相手もあなたの外見を気にし、内面重視でなくて良いと言っているのと同じことなのです。

年齢を重ねれば自然に外見は衰えてくるものです。

そんな変化を最初から受け入れないと言っているような相手と、果たして結婚など考えられるのでしょうか。

【理由②】自立していて隙が無い

自立はとても大切なことなのですが、自立しすぎて隙が無い女性は結婚から遠のく場合が多くあります。

仕事もバリバリで、休日は友人と旅行など、SNSを見ていてもこんなリア充感満載の女性を見たことがあるのではないでしょうか。

同性から見れば、キラキラしていて素敵だなと感じるかもしれませんが、男性がメッセージを送りたいと感じるでしょうか?

というのも、男性は女性に頼られたいという思いをいつも持っています。

仕事なども、自分が家庭を支えている、彼女を支えていると感じられるからこそ頑張れるのですが、男性の支えや収入を当てにしていない、休日は友人同士で楽しむなど、男性が入る隙間が無ければ、男性は女性に必要とされている感覚を持てませんから、近づいてきたりもしません。

女性は「男性はどうせ、可愛い子が好きなんでしょ」というかもしれませんが、可愛い子、少し抜けているような子がモテるのは、男性に上手に隙を見せているからです。

「男性なんていなくても私はやっていける!」という女性と、あなたがいないと寂しいと言ってくる女性がいたら、男性はどちらのほうに行きたいと思うでしょうか。

自立することは悪いことではありませんが、自立心が強すぎると考え方が頑固になり、男性を敵視したり、張り合ってみたり、女性としての隙や可愛らしさを失ってしまうのです。

こうなれば、結婚相手はおろか、恋人さえ作れなくなってくるでしょう。

【理由③】マイペースでわがまま

未婚女性と既婚女性では、「包容力」が全く違うと言われています。

それは、他人と一緒に生活している既婚女性は、適度に相手に合わせながら生活することができ、相手の良いところも悪いところもバランスを取りながら合わせることが出来るようになるからです。

このように、結婚生活やカップルは自分のやりたいことばかりが出来るわけではありません。

お互いに育ってきた環境が違うことも理解し合い、時には妥協することも一緒に居るために必要なことです。

ですから、マイペースでワガママすぎると、結婚は遠いと言えます。

マイペースと言えば聞こえは良いかもしれませんが、自分のペースだけで行動するのは恋人でなくても会社や家族などと一緒に過ごす上でも良いことだとは言えません。

自分のペースがあるように、相手にも相手のペースがあり、社会のペースがあります。

そのバランスを上手くとって生活していくのが理想的なのですが、マイペースを個性と捉え、ワガママし放題の女性を時々見かけます。

多様性が理解され始めた社会ですが、マイペースを自分の個性だと捉え、改善をしようとしていない女性がいるのです。

マイペースが許されるのは、同じように相手のペースも尊重する時ですし、お互いがお互いのペースばかりを大切にしていれば、カップルや夫婦関係は成立しません。

それなら1人でいれば良いということになりかねません。

男性を惹きつけるためにある程度のわがままは必要ですし、ワガママなところも可愛らしさの1つです。

ですが、マイペースが許されて当然と思い込んでいる女性は、少々傲慢で自己中心的ですね。

結婚したい、恋人が欲しいと思っているのなら、あなたと一緒に過ごしたいと思う人を見つける、作る必要があり、そう考えた時にあなたのマイペースさやワガママは相手に不快な思いをさせないか考えてみるといいでしょう。

【理由④】結婚したがらない男性を彼氏にしてしまう

結婚できないのは、選ぶ男性にも問題があります。

とっても綺麗な女性なのに、なぜかダメな男性とばかり交際して泣いている女性を見たことはありませんか?

このような女性も残念ながら選ぶ男性が悪いばかりに婚期を逃しています。

結婚したいと言いながら、妻子をもった男性と関係を続けている女性もいますね。

不倫も恋愛と言えますが、普通は恋愛の先に女性は結婚を考えていますよね。

それをその男性も同じように考えているでしょうか。

このように、選ぶ男性によって結婚は近づいたり、遠く離れたりするのです。

好みもありますし、自分自身の心の問題もありますが、選ぶ男性に問題があると気付かない女性は、実は大変多く存在しています。

客観的に見れば、その男性は絶対に止めた方がいいと誰しもが止めるような男性でも、惚れた弱みなのか盲目的に愛し続けてしまう女性がいますね。

愛し続けると決めたのなら、もう何も言う事はありませんが、あなたは本当に愛し続けるだけで良いのか、結婚して温かい家庭・子どもを本当に考えていないのか思い返して欲しいものです。

そして、結婚したいと思っている女性達は、自分が選んでいる男性について、一度分析してみてはいかがでしょうか。

実は、その男性があなたを結婚から遠ざけている原因かもしれません。

結婚したがらない男性の見極め方とは?

あなたが今まで結婚できなかったのは、「あなたが選んできた男性が原因かもしれない」とお伝えしましたね。

それでは、どんな男性が原因なのでしょうか?

それは、当たり前ですが「結婚を考えていない男性」です。

意外と隠れて潜んでいる「結婚したがらない男性」

普通に考えたら、「結婚を考えていない男性と付き合うと結婚できないのは当たり前」と思いますが、当事者になるとそんな事も分からなくなってしまうのです。

結婚は男女2人でするものですから、あなた一人が結婚をリアルに考えていても結婚できるものではありません。

交際を経て、結婚を意識しだす男性もいますが、中には交際期間を続けていても結婚を考えられない男性もいるのです。

女性にとって憧れの結婚ですが、女性の中にも結婚をしないことを選択した人たちはいますね。

男性も同じように、結婚しないことを選択している人たちもいるのです。

ですが、男性たちはそのようなことを直接女性に伝えると交際できないため、結婚したくないことを伏せてアプローチしてくる場合も多々あるのです。

結婚したくないからと言って、女性と交際したくないわけではないのです。

なぜ結婚したがらない男性がいるのか?

結婚という制度自体に反対だったり、結婚のメリットが分からなかったり、体の関係が欲しいために交際する男性もいます。

そういった男性たちは女性をのらりくらりとかわしながら、自分の欲求だけを満たそうとしています。

そんな男性といつまでも一緒に居ることは、結婚を希望する女性にとって無駄な時間としか言いようがありません。

それなら先に言ってよと、交際数年後に泥沼の破局を迎えることもあるかもしれません。

そのような事態にならないためにも、結婚をしたがらない男性を初期で見極めなければなりませんね。

早めに結婚したくない男性の見極めを!

結婚したい女性の天敵、結婚したがらない男性の見極め方として、その特徴をご紹介していきましょう。

ここで挙げるような特徴に当てはまる男性は、残念ながらあなたとの結婚というよりも、女性との結婚を真剣に考えているとは言えません。

【見極め方①】両親に会わせようとしないし、こちらの両親にも会ってくれない。

見極め方の1つ目は、男性の両親に紹介したり、会わせようとしない男性です。

まず、男性はどの程度の交際期間を過ぎると自分の両親に会わせようとするのでしょうか。

様々な意見や交際期間が聞かれましたが、大体半年から1年以上の交際期間があると、男性は女性を両親に紹介しようと考えるようです。

ですが、この回答よりも多かったのが「真剣に思える相手ならすぐに両親に紹介する」という意見です。

つまり、交際期間など関係なく、男性がこの人だ!と感じるとすぐにでも両親に紹介したいと考えます。

つまり、男性は真剣な女性には誠実に対応したいと考えますし、長く一緒に居たいと感じる女性なら、両親と仲良くしてほしいとも思いますから、当然早いうちに交流をもって打ち解けてほしいと考えるのです。

ですが、女性との結婚やその先を考えていない男性は、自分の両親に会わせる必要もありませんし、両親と彼女が交流を持って欲しいとも思いませんよね。

男性に、両親に会わせて欲しいとそれとなく聞いてみるといいでしょう。

ここで「めんどくさい」などと言ってくる男性は、あなたに手間をかけたくないと思っているのです。

また、両親に紹介するほどの女性だとも思っていない証拠です。

彼氏も忙しいから、大変だからと自分の傷を慰めるような理由を探してはいけませんよ。

現段階で、あなたは彼氏からどう思われているのか、現実を受け止めましょう。

また、男性側の両親に合わせない場合も怪しいですが、女性側の両親に会ってくれない男性も怪しいです。

「娘さんをください」という挨拶まで行かなくても、真剣に付き合っているのであれば、普通に食事をするくらいなら行ってくれても良いものです。

でも両親との食事に、気軽に行ってくれない男性は、疑ってみる必要はありそうです。

【見極め方②】仕事が好きすぎる

本来は、自分のやりたいことの実現のための手段として仕事があるのですが、それが逆になったことで、仕事をするために自分の生活を仕事に合わせていく人が多いのです。

ですから、仕事が大切、仕事が好きという人は、仕事の邪魔になるような結婚を考えていないか、かなり後回しになりがちです。

結婚が仕事の邪魔になるかどうかは人それぞれですが、仕事のことだけを考えていたい、女性の機嫌や女性との時間を作るよりも仕事に時間を使いたいと考え、交際や結婚を排除している男性が実は多いのです。

これは、女性にも言えることですが、女性は出産のリミットや、子育ての大変さなどを自分で算出することが出来ますから、仕事のために結婚が遅れてしまうことも男性よりは少ないかもしれませんね。

【見極め方③】独身の友達が多い

周りの環境というものは非常に大切で、大きな影響を持ちます。

少し前は、両親の離婚有無が子どもの離婚に大きく関係してくると言われていました。

それは、身近な両親が離婚している子供たちは、離婚に抵抗感が少なく、当たり前の事として受け入れやすいと言われているからです。

このように、男性本人を取り巻く環境を見ることで、男性がどのような考えを持っているかある程度知ることができます。

意中の男性に独身の友人が多いようなら、結婚について注意が必要です。

それは、男性が結婚しなくても楽しく生きていけるという価値観を持っている可能性があるからです。

女性と同じように、男性も友人の結婚式に参加した時や、友人の家庭を見た時に結婚を意識したり、結婚を思い描いたりします。

また、遊べる友人が結婚したことで減っていくのを目の当たりにすると、自分もそろそろ落ち着こうと考えるでしょう。

ですが、独身の友人が周りに多いと、遊び相手にも困りませんし、暖かな家庭を目の当たりにする機会も減ってしまい、結婚を考えるタイミングがなくなってしまいます。

【見極め方④】仕事を転々としている

仕事が安定していない男性も、結婚を考えていることは少ないでしょう。

結婚について男性は、安定した自分の収入を求めます。

男性が結婚しない理由の上位にも、自分自身の年収が低く不安だからという調査結果もあります。

この事からも分かるように、男性は結婚後に女性を経済的に支えなければという意識を強く持っているのです。

ですから、仕事を転々とするということは、結婚自体を意識していないと言わざるを得ませんね。

もし、いずれは結婚したいと考えていたのなら、仕事を定着させるより収入を高くすることを意識しているはずです。

自分1人の生活だからと考えていると、仕事を転々とする事も苦ではないのです。

このような少々頼りない男性を支えたいと思う献身的な女性もいますが、残念ながらその女性は選ぶ男性が悪いせいで、結婚を遅らせていると言えます。

【見極め方⑤】結婚の話を避ける

結婚を考えたことはあるが、自分には無理だと結論付けた男性は、結婚の話を嫌がる傾向があります。