婚活は相手の男性を値踏みする場所ではありません。

お互いの好みや理想を確認し合い、マッチングさせる場なので要望ばかり出すのは控えましょう。

男性と話す際は自分の話をするよりも相手の話を聞くことが大切です。

あなたから条件を提示しなくても、相手の話から自分の条件と照らし合わせて判断することができます。

ペラペラ条件を提示するよりも、相手の話を聞きながら判断した方が印象を損なう心配もありません。

7.子どもがいるなら、再婚しても大丈夫か考える

子供がいる場合は、その人と再婚しても大丈夫かよく考えるようにしましょう。

子供好きな人であっても血縁関係のない子供の親として育てていくのは簡単なことではありません。

ペットを可愛がるのとはまったく別問題のため、子供好きかどうかだけではなく、教育方針が合うか、父親として上手くやっていけるかなどより現実的な部分に着目するようにしましょう。

また、大人の都合だけではなく子供の考えに寄り添うことも重要です。

あなたから見て素敵な男性でも、子供にとってはなかなか受け入れられない場合もあります。

双方の意識や気持ちが反発した場合、あなたは母親として子供の味方になってあげましょう。

子供の気持ちに耳を傾け、少しずつ二人の間を取り持ってあげることが大切です。

8.相手や家族と過ごせる時間を作る

再婚を成功させるためには相手や家族と過ごせる時間をつくりましょう。

彼氏との時間ばかりになるのもいけませんし、子供との時間ばかりになるのもよくありません。

これからひとつの家族になる可能性があるため、どちらの時間も大切にするようにしましょう。

仕事や育児に追われるなかで時間を確保するのは難しいですが、それは結婚後も続くことです。

結婚したからといって旦那さんのことを放っておいていいというわけではありませんよね。

同じ家で暮らす違いはあっても、二つの時間を大切にしなければいけないことに変わりありません。

彼と子供の関係が少しずつ良好になってきたら、三人で会う時間を設けるようにしましょう。

いきなり「今日からパパだよ」と言われても受け入れづらいため、時間をかけて慣れることが大切です。

再婚したいときの注意点

再婚したいときの注意点
一度結婚を経験しているからこそ、好きという感情だけでは結婚に踏み切るのは難しいですよね。

感情に流され、同じ過ちを繰り返さないためにも冷静な判断をすることが大切です。

そのためにはいくつかの注意点をおさえておきましょう。

事前に注意点を知っておくことで、恋愛感情が高まっても冷静さを失わずに済みます。