イベントコンパニオンとは?仕事内容や注意点をご紹介します!自分に向いてる職業か見極めようについて
イベントコンパニオンという職業をご存知でしょうか?

今回は、イベントコンパニオンの仕事内容や活躍する場所、さらにはイベントコンパニオンに向いている人の特徴などについて紹介していきます。

イベントコンパニオンに憧れている人は、要チェックです!

イベントコンパニオンとは?

近年「イベントコンパニオン」という職業が女性の間で人気を誇っています。

ただ、イベントコンパニオンについて、どのようなことをしている人なのか分からない人も多いと思います。

ということでは、ここからはイベントコンパニオンについて詳しく説明していきます!

イベントや展示会場にいる女性のこと

大きなイベントや展示会場などで、すてきな衣装に身を包んだ、ひと際目立つ女性を見かけたことはありませんか?

その女性たちを「イベントコンパニオン」といいます。

企業の顔として展示物をPRする

イベントコンパニオンの重要な仕事内容の1つとして「企業の顔として展示物をPRする」ということが挙げられます。

たとえば、展示物の横に立ってポーズをとったり、展示物を実際に持ったりしてPRします。

また、多くのお客様に積極的に声をかけ、製品の魅力が伝わるように説明をします。

ほかにも、お客様から製品についてのどのような質問を受けても、きちんと答えられるように、事前にしっかりと製品やクライアント企業についての知識を身につけておく必要があるのです。

企業とクライアントを繋ぐ役割になることも

イベントコンパニオンは、企業とクライアントを繋ぐ役割になることもあります。

たとえば、クライアント企業のブースで製品のサンプルやカタログ、パンフレットなどを配布します。

その際、イベントコンパニオンに求められるのは、いかにお客様に興味を持ってもらえるかということ。

そのため、機械的に渡すのではなく、キラキラとした笑顔で製品の魅力を伝えながら渡すようにします。

また、どのような立場のお客様にも失礼のないように、社会人としてのマナーや常識を身につけておく必要があります。

イベントコンパニオンが活躍する場所

ここまで、イベントコンパニオンに関するちょっとした知識について説明してきました。

イベントや展示会場で場に華を添えるだけでなく、企業の顔として展示物をPRしたり、企業とクライアントを繋ぐ役割になるなど、非常に充実した仕事内容が特徴です。

それでは、ここからは「イベントコンパニオンが活躍する場所」について紹介していきます。

ひとくちにイベントや展示会場といっても、イベントコンパニオンが活躍する場所はたくさんあるのです。

企業の展示会

企業の展示会とは、新規顧客獲得を目的としたメーカーや問屋がメイン商品や新商品のPRの為に開催されるイベントのことです。

商材のテーマに沿って一度に多くの出展企業が集まるため、どれだけ来場者の興味を引けるかが非常に重要なポイントになります。

もちろん、その役目を担うのが、イベントコンパニオンの仕事の1つになるのです。

国際的なイベント

オリンピックやスポーツの試合など、国際的なイベントの際にも、イベントコンパニオンが活躍します。

たとえば、イベント会場で受付やインフォメーションをします。

もちろん、国際的なイベントの際は、語学力があった方が有利といえます。

また、お客様を会場まで案内したり、参加者の入場管理などを行ったりもします。

モーターショー

モーターショー
モーターショーとは、自動車メーカー各社の新型自動車などを集めて催す、総合的な展示会のことです。

日本では国際自動車会議所の公認で「東京モーターショー」が国際的なモーターショーとして開催されています。

イベントコンパニオンは新型自動車の横に立ってポーズを決めたり、製品のPRをしたりします。

ゲームショウ

ゲームショウとは、コンピューターゲームをはじめとする、コンピューターエンターテインメントの総合展示会のことです。

イベントコンパニオンは製品をPRするだけでなく、コスプレをします。

最近では、展示物や新製品だけでなく、コスプレをしたイベントコンパニオンを目的に来場する人も多いです。

企業のプロモーション

企業のプロモーションとして、イベントや展示会にて、企業とクライアントを繋ぐこともイベントコンパニオンの大きな仕事です。

製品のサンプルやカタログ、パンフレットなどを配布したり、実際に手に持ってPRすることもあります。

イメージガールとしての起用

イベントコンパニオンは、企業のイメージガールとして起用されることがあります。

ただ、中には「イベントコンパニオンとイメージガールの違いってなに?」と疑問を抱いている人もいると思います。