プライオリティを付ける際には、自分一人でどの程度できるかということだけではなく、誰かの手を借りることで納期に間に合うかなどの視点を持つようにしましょう。

周りの同僚の様子を観察し、どの程度手を借りることができるかを考えながら仕事のプライオリティを付けていくと、自分一人でやることを決めた場合とは大きくプライオリティが変わる場合もあります。

もちろん同僚の状況によっては手を借りられないこともありますが、事前に確認して可能であれば周りの人も巻き込んで仕事していきましょう。

日常生活でのプライオリティの使用例

プライオリティという言葉は基本的にビジネスシーンで使われるものですが、実はビジネスシーン以外でも日常生活でプライオリティという言葉が使われるケースもあります。

では、日常生活ではどのような場面で「プライオリティ」という言葉が使われるのでしょうか。

意外と身近な例もあるので、最後に6つの言葉の意味や使い方をチェックしていきましょう。

プライオリティパス

仕事や規制などで飛行機を使う頻度が多い人は、プライオリティパスという言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

搭乗手続きが終わってから搭乗時刻までは空港で時間を持て余してしまいがちですが、プライオリティパスを持っていると簡単な軽食なども摂れるラウンジを利用することができます。

クレジットカード自体にプライオリティパスの機能がついているものもあれば、単体のプライオリティパスもあり航空会社によって微妙に異なります。

普段のカードよりも価格は高くなってしまいますが、飛行機を頻繁に使う人はプライオリティパスを取ると移動時のストレスを軽減することができるでしょう。

また、こうした一般的な意味のプライオリティパスという言葉の他にも、遊園地などで優先的に乗れるパスのことをプライオリティパスと呼ぶこともあります。

ファストパスと同じ意味を持ちますが、遊園地によっては呼び方が違うのでこちらも併せて覚えておきましょう。

プライオリティレーン

プライオリティパスと同じように、プライオリティレーンも空港で見かけることが多い言葉です。

プライオリティレーンというのは、荷物の保安検査場で並ばずに優先的に保安検査を受けることができるレーンのことを言います。

ペットボトルを出したりパソコンやスマホを出したりと混雑しがちな保安検査場で、プライオリティレーンを使える会員になっているとスムーズに搭乗口まで行くことができるでしょう。

こちらも空港で使われることが多い言葉ですが、他にもバス専用の道路などをプライオリティレーンと呼ぶこともあります。

通勤時間や退勤時間など、道路が混みあう時間帯に優先的にバスが走れるレーンのことをプライオリティレーンと呼びます。

こちらのレーンは、既定の時間内は一般車は走ることができないので注意しましょう。

プライオリティタグ

プライオリティタグも空港で目にする言葉です。

飛行機に搭乗する時に多くの荷物を持っている場合は事前に荷物を預けることができますが、目的地に到着した後に出てくる荷物を待つ時間は意外と長いものです。

基本的にはランダムで荷物が出てくるため自分の荷物が出てくるまで待たなければなりませんが、そうした時に優先的に出してもらうために使うのがプライオリティタグです。

プライオリティタグを使うためには各航空会社の有料会員になる必要があります。

また、同じ有料会員でもランクの高い会員の方が優先的に荷物を受け取ることができます。

お金はかかってしまいますが、時間を短縮したいという人は検討してみるのも良いのではないでしょうか。

プライオリティシート

プライオリティシート
今まで紹介したプライオリティパスやプライオリティレーン、プライオリティタグというのは基本的に空港で見る言葉ですので今まで縁がないという人もいるでしょう。

しかし、空港に限らず他の場面でも目にする言葉として「プライオリティシート」という言葉もあります。

プライオリティシートは地下鉄や電車、バスなどで目にする機会の多い言葉です。

優先席の近くに書いてあるので、今までに目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

その名の通り優先席を意味していて、身体の不自由な人や高齢の方、妊婦などが優先的に座れる席であることを意味します。

専用席ではないので普通の人も座ることはできますが、プライオリティシートを必要とする人が乗車した場合は席を譲らなければなりません。

プライオリティシートに座る場合は注意しましょう。

プライオリティシーティング

東京ディズニーランドやディズニーシー、もしくは提携しているホテルを利用したことがある人には聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。

「プライオリティシーティング」というのは、一般的なレストランなどでは「予約席」などと言い換えることができます。

ディズニーのように込み合うテーマパークでは、レストランなども予約せずに入ろうとすると数時間待ちになってしまうケースも珍しくはありません。

そうした事態を避け、時間通りに食べてディズニーを満喫するために設けられている制度がプライオリティシーティングという制度です。

事前に予約しておくことで並ばずにストレスなくレストランを利用でき、時間通りに遊ぶことができるでしょう。

最初から予定が決まっている場合は、プライオリティシーティングの制度を利用するのがおすすめです。

プライオリティルール

サーフィンが好きな人にお馴染みの言葉が、プライオリティルールです。

サーフィンは刻一刻と変化する波に乗る競技ですが、当然ながら全てのサーファーが同時に波に乗れるわけではありません。

そこでスムーズに乗るために考案されたのがプライオリティルールという制度です。

プライオリティルールは優先的に波に乗ることができるルールです。

このルールを破ってしまうと他の選手を妨害することになり、減点の対象になってしまう恐れがあります。

サーフィンに挑戦する人は、ぜひ覚えておくと良いでしょう。