また、自分がサーファーではなくてもサーフィンを観戦する時にはプライオリティルールを知っておくとサーファー同士の駆け引きを楽しめます。

プライオリティを考慮して仕事に取り組もう

余裕がなく目の前の仕事でいっぱいいっぱいになってしまう新入社員の頃はなかなかプライオリティを考えることはできませんが、上司の指示や先輩社員の動きを見てプライオリティを学んでいくことで、仕事の効率化ができるようになり同じ仕事量でも短時間でこなせるようになっていきます。

自分の余暇を増やすためにも、プライオリティを考慮しながら仕事に取り組む癖をつけていきましょう。