備えあれば憂いなしな状況7選と注意点10個!備えたのに大失敗は防ごう!について
「備えあれば憂いなし」という言葉は知名度が高いことわざです。

教科書などで見る機会が多いのはもちろん、日常生活の様々な場面で使われることが多い言葉です。

また、最近では災害の様子を報道する番組や、台風や近づいてきている時などのニュースで耳にすることも多いでしょう。

もしくは、小さな頃から自分の両親に「備えあれば憂いなしだから早めに行動しておきなさい」と教えられていたという人もいるかもしれません。

そこで、このよく聞く「備えあれば憂いなし」という言葉について、正しい意味や類義語と対義語、そして備えあれば憂いなしだと言われるような状況と、備える時の注意点、そして備える時にしっかり覚えておきたいポイントをチェックしてみましょう。

備えあれば憂いなしとは?

本来は「一所懸命」と書くはずだったのに「一生懸命」と書く人が多いなど、言葉はその時代によって大きく変化するものです。

時には変化した後の言葉しか知らずに元の意味と勘違いして使っているという人も少なくはありません。

そのように「備えあれば憂いなし」という言葉も、もしかしたら自分が小さな頃に勘違いして覚えているだけで本来は違う意味を持つ言葉かもしれません。

そこで、ここでは「備えあれば憂いなし」という言葉を初めて耳にしたという人はもちろん、普段から使う機会が多いという人も念のために本来の意味や使い方、類義語や対義語を知り言葉のバリエーションを増やしていきましょう。

意味

「備えあれば憂いなし」という言葉を理解するためには、この言葉を2つに分けて考えると分かりやすいでしょう。

まず、前半部分の「備えあれば」という部分について考えてみると、ここでいう「備え」とは「準備」という意味を持ちます。

つまり、「備えあれば憂いなし」の前半部分は「準備をしておけば」という意味になることが分かるでしょう。

では後半部分の「憂いなし」も同様に意味を見ていきましょう。

この「憂い」という言葉は日常生活ではあまり聞かないかもしれませんが「憂鬱」などの単語で使われる漢字であることからも分かる通り「心配事」や「トラブル」あるいは「嫌なこと」などと言い換えることができる言葉です。

すなわち、後半部分の「憂いなし」は「心配しなくても大丈夫」という意味になることが分かります。

これを踏まえて「備えあれば憂いなし」という言葉の意味を分かりやすく言い換えると「しっかり準備をしておけば心配しなくても大丈夫」という意味になります。

「備え」や「憂い」はあまり聞き慣れない、という人でも分かりやすい表現になったのではないでしょうか。

使い方

では、意味が分かったところで「備えあれば憂いなし」の使い方を考えてみましょう。

使い方については実際に例文を確認することでイメージしやすくなるので、ここで3つの「備えあれば憂いなし」を使った例文を紹介していきます。

・明日の授業は難しそうだけど、備えあれば憂いなしだから予習していこう。

・災害に備えて備えあれば憂いなしの精神で防災グッズをまとめておこう。

・台風が近づいてきているから、備えあれば憂いなしで準備をしてください。

この例文を見てみると、いずれも「何か心配事・嫌なことが近付いているから事前に対策をしている」ということが分かるでしょう。

つまり「備えあれば憂いなし」とは「心配事をなくすために、先に対策をしておこう」と言いたい場面で使うことができる言葉です。

類語

「備えあれば憂いなし」を簡単に言い換えると「準備をしておけば心配しなくても大丈夫」となりますが、ではもう少し似たニュアンスの類語はないのでしょうか。

実は「備えあれば憂いなし」の類語としては「転ばぬ先の杖」や「浅い川も深く渡れ」などの言葉がよく知られています。

「転びそうになってから後悔するよりも、必要だと思ったら先に杖をついて歩くようにしよう」や「浅い川に見えるからといって油断すると溺れてしまうかもしれないので、深い川と同じように用心しながら渡るようにしましょう」という言葉が類語であることを考えると、やはり心配な出来事の前には対策をとることが重要であることが分かります。

また、他にも「備えあれば憂いなし」の類語としては「遠慮なければ近憂あり」や「念には念を入れよ」という言葉もあります。

いずれも同じ意味を持つ言葉ですのでこの機会に覚えておきましょう。

対義語

「心配事があるならば先に対策をしておけば大丈夫」という意味を持つのが「備えあれば憂いなし」とその類語です。

そのため、対義語を考える場合には「心配事があるのに対策をせずに慌てる」や「心配事に対して対策をしなかったために失敗してしまった」などの言葉を考えれば良いでしょう。

「備えあれば憂いなし」としてよく知られている対義語には「覆水盆に返らず」や「後悔先に立たず」という言葉がふさわしいと言えるでしょう。

いずれも「ひっくり返して零してしまった水はどんなに悔やんでもお盆に戻ることはない」や「既に終わったことを後悔しても、時間を巻き戻せるわけではない」という意味を持っています。

すなわち「水を零す前に対策をしておかなかった」や「後悔する前にしっかり準備をしておかなかった」ことが問題であると言えるでしょう。

こうした教訓を含む言葉が「備えあれば憂いなし」の対義語となります。

備えあれば憂いなしっていいこと?

「憂いなし」と言い切っていることから、「備えあれば憂いなし」は良い表現のように感じる人もいるでしょう。

実際に、心配事があっても対策をしていたおかげで大事にならなかったと解釈すれば「備えあれば憂いなし」は良いことであるように思われるかもしれません。

しかし、場合によっては「対策をしなければならないほど困ることが起きてしまった」や「対策をしていたから良いものの、大変な状況に陥ってしまった」と解釈することもできます。

実際、「大きな災害で家が潰れてしまったが、事前に避難していたため家族は全員無事だった」という状況も「備えあれば憂いなし」と表現することができるでしょう。

すなわち、「備えあれば憂いなし」が良いことかどうかは、実際に起きたトラブルの深刻さによっても大きく左右されます。

トラブルに遭ってしまった人の被害状況や心境でも大きく異なるので、誰かを励ますために「備えあれば憂いなしだったから良かったね」などの使い方をすることは避けた方が良いでしょう。

備えあれば憂いなしな状況7選と注意点10個

先ほど「備えあれば憂いなし」が使える状況としてテストや災害を挙げましたが、他にはどんな状況が「備えあれば憂いなし」という言葉を使うのに相応しい状況だといえるでしょうか。