そのため、男性にアピールする際は髪型を変えてギャップを演出することが非常に効果的です。

たとえば普段はストレートのロングでも、意中の男性と会うときだけは髪型をアップにしたり、毛先を巻いたりするだけで男性に特別な存在であることをアピールすることができます。

髪型を変えることは、メイクを変えることよりも非常にわかりやすくアプローチすることができるのです。

髪色を派手に変えなくても髪型を少しアレンジするだけで女性の雰囲気は大きく変わります。

もちろん、ロングだけでなくショートヘアの方でもこの方法を活用することができます。

ショートヘアの場合は全体的にパーマをかけたり、ヘアアクセなどを取り入れたりすることで印象が大きく変わります。

意中の男性とデートをする際は、メイクや服装選びに時間をかけるだけでなく、ヘアセットにも時間をかけてみましょう。

家庭的なアピール

今も昔も男性は家庭的な女性が大好きです。

料理が嫌い、掃除が嫌いという女性よりも、そつなくこなせる女性の方が魅力を感じます。

家庭的をアピールするための代表的な方法は料理です。

お弁当を手作りする他にも、きちんと料理名や食材名を知っているかも大きなポイントとなります。

いくら可愛いお弁当をつくってきても、サンマとアジの違いがわからなければ普段から料理をしていないことがバレてしまいます。

家庭的な女性を瞬時に演じることは非常に難しいため、普段から心がけておくことが大切です。

その他にも身の回りを整理していたり、金銭感覚がしっかりしていたりすることも判断基準となります。

特に金銭感覚は結婚において非常に重要なポイントです。

好きなものを好きなだけ買うなどの浪費癖が激しいと、結婚後の生活が心配になってしまいますよね。

場合によっては「自分の給料も使い込まれてしまうのでは?」と不安に思われる恐れもあります。

結婚を意識するのであれば、お互いの金銭感覚をすり合わせることも非常に大切です。

せっかくの出会いで失敗する人はどんな人?

それではせっかくの出会いで失敗してしまう人はどのような人なのでしょうか?

出会いをものにできない女性にはいくつか共通する特徴があります。

その特徴をしっかりとおさえ、失敗しないように注意したいですね。

次はせっかくの出会いを失敗させてしまう女性の特徴を詳しく説明していきます。

個性的なファッション

個性的すぎるファッションは男性に引かれてしまう可能性があります。

特に年齢よりも若すぎるファッションや幼過ぎるファッションはあまり人気がありません。

もちろん、ファッションも人それぞれの個性ではあるのですが、あまり度が過ぎてしまうと相手との好みと反発し合い、それが出会いの成功を妨げてしまう原因になってしまいます。

多くの男性は女性らしいファッションが大好きです。

たとえばシルクの生地やファー、レースなど女性ならではのものを好む傾向にあります。

デザインもキリっとしたパンツスタイルやダボッとしたものよりもフレアスカートやワンピースなどふんわりとした女性らしいデザインを好みます。

女性らしさに惹かれるといっても過度な露出は懸念されがちです。

「ギャルっぽい」「遊んでいそう」というイメージが強く、結婚相手にはあまり向かないようです。

全体的には女性らしく、清楚で、可愛らしいファッションにまとめるのが無難でしょう。

ぼさぼさで周りを気にしない髪型

髪は女性の命というほど、貴重なものです。

ツヤツヤとなびく髪は美しいですが、ボサボサの頭はズボラな印象を与えてしまいます。

整っていない髪型にも問題はあるのですが、何よりも問題なのは「ボサボサの髪でも気にせずに外出してしまう」という考えにあります。

出かけている間に風で乱れてしまうのはよくあることですが、朝からボサボサの頭で登場されては男性の気持ちも下がってしまいます。

髪型が乱れているとそれだけでだらしない印象を与えてしまうため、きちんと整えるようにしましょう。

また、食事の際は長い髪を一時的にまとめるのも好印象です。

食事のなかに髪の毛が入ってしまうと不衛生ですし、見た目もよくありません。

常にTPOに適した髪型を意識することが大切です。

自己中心的な行動をする

自己中心的な行動を取る人は、男性だけでなく同性からも嫌厭されてしまいます。

特に人の意見には耳を傾けず、自分の意見ばかりを主張していては相手を疲れさせてしまいます。

時には相手の意見にも耳を傾け、ぐっと飲み込むことも大切です。

特に結婚生活はお互いに我慢しなければいけないことがたくさんあります。

異なる価値観を持つ者同士が生活するのですから、どんなに仲が良くても多少の我慢は生じます。

しかし、最初から自分の意見ばかりを押し通そうとする人とは先が心配になってしまいますよね。