結婚諦めたなんて言わないで!まだまだ間に合う!あなたの知らない今どきな出会い方7選について
現代は仕事や趣味など自己実現の方法はたくさんあるので、結婚しないからといって不幸になると決まったわけではありません。

しかし「結婚をする気がないから結婚をしない人」と「結婚をしたいのに結婚できない人」は、同じ独身でも幸せ度に大きな違いが出てしまいます。

後者の「結婚をしたいのに結婚できない人」は、なかなか男性と縁がなかったり、結婚を前提としたお付き合いの始め方を知らないというケースもあります。

自己実現の方法がたくさんある今だからこそ、結婚に向けた出会い方もたくさんあります。

現代ならではの出会いを有効に使い、結婚に向けて前向きに行動していきましょう。

結婚諦めた…でもちょっと待って!

いわゆる「結婚適齢期」を過ぎても結婚していない女性に対して、周りの人からぶしつけに「なんで結婚しないの?」や「彼氏作らないの?」という言葉が投げかけられることも多いでしょう。

そういう時、「結婚はもう諦めてるんだよね」と返答する女性も多いと言われています。

ですが、本当に結婚を諦めて幸せなのでしょうか。

結婚を諦めたという言葉は、本心に無理をしていないでしょうか。

社交辞令としてよく使われる言葉ではありますが、一度立ち止まって考えてみましょう。

なぜ結婚を諦めてしまったのか

まず考えなければならないのは「なぜ結婚を諦めたのか」という理由です。

その理由がたとえば「家庭のことを考えずに仕事をしたくて、恋愛に割く時間がないから結婚を諦めた」や「趣味と結婚の両立はできなくて、趣味の方が楽しいから結婚を諦めた」など、自分の大切なもののために結婚を自主的に諦めているのなら、もちろん問題はありません。

結婚だけが幸せになるための手段ではないので、誰に非難される必要はないでしょう。

しかし、結婚を諦めた理由が「本当は結婚したいけど出会いがないから年齢的に諦めた」や「結婚を前提に付き合うための男性をどうやって探せば良いか分からなくて、その方法を知るのが面倒だから諦めた」や「色々な出会い方を試してみたけれど、合わないから結婚したいけどもう出会いを探すのを諦めた」など、後ろ向きな理由なら要注意です。

後ろ向きに結婚を諦めてしまうと、仕事や趣味などにも楽しく打ち込むことができません。

それどころか、仕事や趣味の場で出会う既婚者を逆恨みしてしまうなど、あなた自身の人生がつまらないものになってしまうこともあるでしょう。

人生まだまだ道は長い

後ろ向きに結婚を諦めてしまう女性の多くは「結婚適齢期の間に結婚できなかったから、もう今更出会いを探すのも面倒だし、出会いがあっても若い女性の方が有利だろうから諦める」という理由で諦めてしまうと言われています。

しかし、年齢を理由に結婚を諦めることほどもったいないことはありません。

一般的に「30歳を超えると結婚を諦める」という女性も多いですが、女性の平均寿命を考えると30歳はまだ若いと言えるでしょう。

そんなに若い状態で結婚を諦めてしまうのはもったいないのではないでしょうか。

結婚適齢期にばかり惑わされず、自分が人生においてまだまだ挑戦できる年齢だというように考え方を変えるだけで、自分を見る目も変わるかもしれません。

諦めるべきは今ではないかも?

「年齢的に結婚は諦めよう!」とキッパリ諦め、結婚以外に仕事や趣味などの充実する目標を見つけて生きていけるのであれば、いつ結婚を諦めても構いません。

しかし「諦めるしかないから、本当は諦めたくないけど諦めよう」という心理で諦めてしまっても、本当に諦めることができるかは誰にも分かりません。

むしろ数年後に「やっぱり諦めきれないから、なんとか結婚相手を探したい」という気持ちが出てくることもあります。

そうなった時に「数年前に諦めたふりをしていなければ、今よりも若いから良い相手が見つかったかもしれない」と後悔しないでしょうか。

数年後に良い結婚相手に巡り会えた場合でも「若ければもっともっと良い人と結婚できたかもしれない」と思ってしまうかもしれません。

諦めること自体は、何歳でもできます。

本当に諦める前に「自分の心に嘘をついていないか」「後ろ向きではなく前向きな気持ちで諦めることができるのか」「今諦めて、数年後に後悔しないか」ということを自分で考えてみるようにしましょう。

変化していく時代の流れ

ここ数年の間に、携帯電話もガラケーからスマートフォンが主流になりました。

テレビもアナログ放送がなくなりデジタル放送だけになるなど、大きな時代の変化が起きています。

時代が変化していく中で便利になることもたくさんあり、女性の結婚や恋愛に対する考え方も大きく変化していくのは当然のことです。

結婚を早々に諦めてしまっている人は、もしかしたら技術の変化は受け入れていても結婚や恋愛に対する考え方の変化は受け入れられていないのかもしれません。

恋愛や出会いだって変化している

結婚や恋愛における変化には色々なものがあります。

たとえば結婚に対しては、以前は男性が働いて女性が専業主婦として家を守る家庭が大半でしたが、最近ではむしろ共働き世帯が増えて専業主婦家庭の方が少なくなりました。

それに伴い、お掃除ロボットや乾燥機、食洗器などのバリエーションも豊富になっていますし、ベビーシッターや宅配弁当などの種類も以前より格段に増えています。

そうした結婚生活における変化だけではなく、恋愛も大きく変化しています。

以前は恋愛の始まりは同窓会だったり社内の人や社外の取引先との出会いが大半でしたが、最近ではそうしたものの他にも色々な出会いが増えています。

結婚を後ろ向きな気持ちで諦めてしまう前に、そうした恋愛や出会いの変化について考えてみるのも良いのではないでしょうか。

今の出会い方も試してみる価値あり

恋愛における変化も結婚生活における変化と同様に色々な変化がありますが、その中でも特に著しい変化は「出会い方」の変化です。

先ほど紹介したように、以前の「人脈頼りの出会い」だけではなく、今は色々な方法で人と出会うことができます。

「本当は結婚したかったのに出会いがなく、年齢的にも厳しいから結婚は諦めようと思う」と考えている人は、もしかしたら今の主流になっている出会い方を試してみるだけで簡単に運命の人と出会えるようになるかもしれません。

今まで今風の出会いを試せずに出会いがないと嘆いていた人は、一度今風の出会いを試してみるのもおすすめです。